野辺沢銀山歴史年表
康正二年 1456 金沢の人儀賀市郎左ェ門銀山を発見、翌年より西山で採鉱に入る。
これより五十年、銀山の人口戸数は目をみはるものあり。
(旧記戸数 1,6000軒)
この間、廃鉱70年
天正二年 1574 延沢能登守上の畑に関所設ける。(天正年中)
山形両所宮々司須留守(二万石)最上義光調伏祈願の罪を似て銀山岩薬師に流され、翌年軽井沢峠にて殺さる。
天正五年 当地方の領主延沢能登守が山形城主最上義光と結ぶ。
よって、世人再度銀山に集まり銀山復興す。
天正十五年 能登守死去、遠江守跡つぐ。
正楽寺建つ。(天正年間)
慶長(年不詳) 上方より梁田八郎右ェ門銀山に来る。
1596〜1614 泉州堺の十兵衛来る。(この時期に初代小関吉佐衛門両替商始める)
温泉発見、その利用始まる。
元和六年 1620 仙台藩キリスト教を弾圧、よってアンゼリス延沢銀山に入り、後山形におもむく。
元和八年 最上家没落と共に延沢氏九州に流さる。山形は鳥居氏(二十四万石)が城主となり、当銀山もまた鳥居氏の領となる。
元和九年 カルバリヨ・ガルベス・アダミ等キリスト教布教の主力を延沢銀山にそそぐ。
寛永八・九年 1631 銀山の最盛期
寛永十一年 幕府直営の御公儀山となり、伊丹藩摩守これを支配す。
寛永十二年 人口著しく増加(旧記卅万)食糧難の為、御留山の令出さる。
寛永十四年 山形藩主保科氏(卅万石)に改る。
寛永十七年 山師土屋作之亟らの猛運動により、御留山解除。
翌年三月より採鉱に着手。
米沢藩主上杉定勝野辺沢銀山への出稼禁止の令出す。
寛永十八年 これより運上山として山師、大役の請負制となり土屋作之亟以下五名にて落札す。
寛永十九年 幕府直領となり銀山に代官所置かる(代官松平清左ェ門その直領拾壱万千石)
寛永十九年〜
寛文五年
松平清左ェ門代官所(幕領)延沢より宗門多く出申候・・・「契利斯督記・吉利支丹出申国所覚より」
正保三年 1646 これまでの採鉱地西山衰退著しくなる。山師梁田羽左ェ門・宮島文三郎の両人東山採鉱。
慶安元年 1648 常信寺建つ。
採鉱地は西山より東山に移る。
土屋作兵亟高山採鉱に着手。
明暦二年 1656 頼明寺尾花沢へ移る。
寛文五年 1665 温泉街は銀山新畑村となる。時の戸数67・男159人・女99人・出家13とあり。(寛文検地帳)
寛文六年 銀山新畑村の陣屋(代官所)を廃し長瀞村に移す。
鉱産著しく減じ寛永・正保に比し1/3となる。
寛文七年 山師作兵亟を頭に千秋作兵エ・木戸佐左ェ門・越後次郎助・白崎多兵ェ梁田示斉[*1]の活躍によりこの年よりその銀産出著しく増加す。
この一期を世に「五人山の盛り」と言う。([*1]「示」は「示」辺に「右」)
延宝七年 1677 「五人山の盛り」もこの年で終わり、銀山は衰退の一途をたどって行く。
当時の上の畑(延宝検地帳)戸数19件・馬13等・人口66人。
元禄二年 1689 延命寺建つ。(現公園入口)
東山衰退しかつ大崩潰が起り全山廃山となる。
享保六年 1721 常信寺尾花沢へ移る。
寛保年間 1741 これより温泉地として盛んになる。
寛政十年 1798 上の畑村長瀞米津領(壱万石)に入る。
天保二年 1831 上の畑焼窯場作らる。
天保三年 大泉寺積雪の為倒潰廃寺となる。
明治十六年 1883 山形中村林兵エ採掘。
明治四十年 溝延菊地与八郎採掘。
大正二年 1913 延命寺大洪水の為流さる。
昭和九年 1934 江口徳治採掘。
昭和十一年 鉱渤搬出再精錬。
閉じる